• ホーム
  • 就職・転職ガイド
  • 履歴書の書き方

履歴書の書き方
エントリーシートや履歴書は、こうした書類を作成するうえで常識ともいえる 基本事項を大切にしたうえで、就職を希望する会社の採用担当者が「この人材は 当社にぴったりだ!」と合点がいくように、わかりやすく、また誠実に記すこと が大切です。

まず常識ともいえる基本事項としては、自分自身で黒色のペンを使い手書きで きれいに書くこと、写真データをきちんとつけること(あるいは写真をきちんと 貼ること、記入すべき事項に漏れや重複、誤字、拙い文章表現などがないように することなどです。

さらに、もっとも大切なのは、自己PRと志望動機です。予め就職を希望する 企業がどんなパーソナリティ、コンピテンシーを求めているかを『フィットネス ビジネス リクルートマガジン』や『フィットネスビジネス』、企業HPなどで きちんと調べて、それに対応する自分の強み、その仕事をしたいと望む理由をわ かりやすく、また誠実に記すことが大切になります。

自己PRは、自分の強みは何でどんな人間なのかをまず記し、次にそのことを 裏付けるエピソードなどを具体的に書き、最後に抱負や決意を力強く、しかしな がら手短に記してまとめます。特にエピソードのなかで、自身の能力をきちんと 感じてもらえるような表現をすることが大切になります。エントリーシートも同 様に、就職希望企業が求めるパーソナリティ、コンピテンシーに、自身の能力を 合致させるように記すことが大切になります。

志望動機は、就職希望企業の理念や価値観、行動規範、営業方針、職場環境な どをよく理解したうえで、自分のキャリアビジョン(夢ややりたいこと)や価値 観、能力などといかに合致しているかをアピールすることが大切になります。な ぜ人は生きるのか?なぜ仕事をするのか?なぜ社会は成り立っているのか?とい った根源的な問いを自身に投げかけ、自身が望む職に就いて働くということの意 味を深く考えてみることが大切になります。