NewsPickUP10 2015年8月の10大ニュース

01.東急スポーツオアシス、60日間ダイエットプログラムを導入

同社は、女性専用の60日間ダイエットプログラム「Shape duo(シェイプ デゥオ)」を梅田店で9月から提供する。運動と食事・栄養の2人の女性プロフェッショナルが担当して行うプログラム。

02.PrecorとSpinningが室内サイクリングマシンの新ブランド確立へ

プリコーは9月、SpinningとSpinnerラインのバイクを考案したMad Dogg Athleticsと独占的な販売契約を締結。また、同社はユニット型トレーニングのQueenaxの買収も発表している。

03.東急スポーツオアシス、「WEBGYM」コンテンツをANAに提供

同社は、WEBフィットネスサービス「WEBGYM」の中の一部エクササイズをANA国際線機内エンターテインメントサービス「ANA SKY CHANNEL」へ提供することを開始した。

04.健康経営会議2015、開催

健康経営への関心が高まるなか、8月31日に経団連会館にて「健康経営会議2015」(テーマ『みんなで考える、健康と経営』)が催され、企業健保などの関係者550名が参加した。

05.米フィットビットのウェアラブル端末、販売好調

同社が手掛けるウェアラブル端末の売り上げが好調で、2015年4月~6月期には前四半期比で15%増の450万個を販売している。企業が従業員向けに購入するケースが増えている。

06.RIZAP増収続く、法人向けサービス提供や医療分野進出も

「RIZAP」を展開する健康コーポレーションは、会員増が続き、売り上げが拡大。今後さらに、シニア層の開拓や医療機関との連携、法人向けサービスの提供などにも取り組んでいく。

07.セントラルスポーツ、移動式フィットネスクラブを導入

同社は、日本初の移動式フィトネスクラブ(1号車「フィトネスエクスプレス号」、2号車「ホットヨガトラック」)を開発、導入した。

08.ルネサンス、新業態スタジオ「Burnista(バニスタ)」2号店をオープン

同社は、2015年11月、東京都世田谷区梅ヶ丘にフィットネス初心者でも安心して参加ができる幅広い年齢層を対象としたフィットネススタジオ「Burnista(バニスタ)梅ヶ丘」をオープンする。

09.FINC、フィットネスクラブと提携しモバイルダイエットサービスを提供

同社は、8月よりウェルネスフロンティアと提携し、栄養士によるモバイルダイエットサービスを提供していく。また、同社はソリューション開発などのために総額6.5億円の資金調達をしている。

10.ティップネス、新コンテンツ「Oha!TIP 1min.体操」を放送開始

同社は、日本テレビ系列の朝の情報番組向けに、身体の調子を整え、快適に保つための1分間の日替わりエクササイズ「Oha!TIP 1min.体操(おはティップ ワンミニッツ体操)」を考案し、放送を始めた。

 

 

ニュースなことば、ニュースな数字

Key Number 3.2%

第44回日本の卸売業調査(日経新聞社)によると、スポーツ用品卸の2014年度の売上高の対前年比の伸び率は、3.2%だった。前年度の13.3%を大きく下回った。消費増税前の駆け込み需要の反動による。だが、ランニングやウォーキング関連商品の販売は好調が続いている。

Key Number  47.2%

日経産業地域研究所がネット調査で1,000人に訊いたところ、健康管理を意識している人は全回答者の7割を超えていた。このうち47.2%が「運動不足」を理由に挙げていた。次に多かった理由は「体が重く感じられた」(32.2%)。さらに「腹部が出てきた」(31.4%)と続く。

Key Number  52.3%

日経産業地域研究所がネット調査で1,000人以上に訊いたところ、週1回30 分以上の運動をする割合は52.3%と半数にとどまった。とはいえ、全回答者のうち、ウォーキングに取り組んでいる割合は、44.4%と高かった。なかでも、60歳代は高かった。

Key Number  10.7%

引っ越し比較・予約サイト「引越し侍」が1,761人に調査したところによると、一番人気の「習い事・スクール」は女性から多くの支持を集めた「ヨガ(ホットヨガ含む)」で10.7%だった。2位は僅差で「フィットネスクラブ」(10.5%)。続く3位は「英会話」(9.8%)だった。

新規会員登録

スマホ・携帯から探す

【フィットネスジョブ】は求人サイト。スマホからも仕事探しが簡単にできます。
QRコード