My Dream,My Business ~ビジネスで夢をかなえる~

漆崎由美さん
有限会社パワーリンク代表取締役
特定非営利活動法人生涯体育学習振興機構理事長
生涯体育学習を普及し、健康と生きがいづくりを行う

漆崎由美さん Profile

1967年福井県出身。中学・高校時代はバレーボール部に所属。日本体育大学卒業後、グンゼスポーツ株式会社に入社。
'04年2月、有限会社パワーリンクを設立。同年12月、特定非営利活動法人 生涯体育学習振興機構を設立。
'13年9月、トータルコンディショニングセンターをオープン。

「生涯体育」に興味をもちフィットネスクラブに就職
 高校生のときに「生涯体育」という言葉を知り、興味をもった漆崎由 美さん。体育大学社会体育学科に進 学し、卒業後はスポーツクラブに就 職。現在は、福井県を中心に、介護 予防事業の受託、インストラクターの養成および派遣、スタジオ運営の受託などを行っている。
「高校のバドミントンの授業のとき に、先生から『今授業で習っている運動が、将来、コミュニケーションの手段になる』という話を聞き、生涯体育という言葉を知りました」
 大学卒業後に就職したグンゼスポーツ株式会社では、当時一部の店 舗でマルチスタッフの育成を行っており、漆崎さんはジム、スタジオ、プール、フロントとあらゆる業務に携わっ た。途中、家庭の事情から半年ほど退職していたが、7年ほど同社で勤務し、新店オープンも2回経験した。 そこで様々な経験を積み、インストラクター、トレーナーとしてのスキルを磨いていった。
 しかし、「実はもともと制服を着たOLになりたかった」という漆崎さん。フィットネスの仕事から離れることを考え、7年間働いたグンゼスポーツを退職することに決めた。
フリーの活動をスタート 順調に仕事を拡大
 退職後しばらくは、実家に戻り次の仕事を考えながらゆっくりした時間を過ごしていた。しかし、両親から「早く次の仕事を始めるように」と急かされたため、すぐにできそうだったジムインストラクターの仕事をフリーで始めることにした。すると、ほかのクラブからも仕事の依頼があり、次第にジムやスタジオでの仕事が増えていった。同時に、インストラクター養成の仕事も依頼されるようになり、意図せずフリーインストラクターとしての地位を確立していくことになる。
「一度、フィットネスから離れようと思って前職を辞めたので、フリーのインストラクター、トレーナーとして活動するつもりはありませんでした。ただ、何の仕事をするか考えたときに自分にできることはフィットネスの仕事でした。当時、スタジオレッスン1本あたりの時間が短くなり、インストラクターが不足していたため、養成や講習会の需要も多 かったのだと思います。自分自身がクラブで働くと同時に、養成の卒業生を紹介するという流れが自然とできあがっていました」
 こう話すように、自然な流れからフリーでの活動をスタートした。
公共事業受託のために 会社を設立
 そんなとき、それまで個人でも受託できていた公共事業が、法人でないと受託できなくなってしまった。自身だけでなく、周りのインストラクターの職も失ってしまうと危機感をもった漆崎さんは、法人化することを決めた。2 0 0 4年のことだった。
「話を聞いたのが1月。4月からの事業を受託するために急いで準備をし、起業しました」
 1ヶ月で準備をし、2月には、資本金3 0 0万円で有限会社パワーリンクを設立した。その後、特定非営利活動法人生涯体育学習振興機構も設立し、活動の幅を広げていった。
起業後も、お客さまからもインストラクターからも慕われ、順調に活動していたかのように見えた。しかし、褒められれば褒められるほど、「自分はそれほど立派ではないのに」
 と、漆崎さんは追い詰められていた。
「お客さまやクラブ、インストラクターから、褒められて、頼りにされて、感謝されていました。誰にも怒られず、私のレッスンは常に定員いっぱいです。でも、それを嬉しいと思うのではなく、怖くなってしまったのです。それで、一度ほとんどの仕事をほかのインストラクターに任せ、東京に行くことにしました」
 東京では、休養しながらもロミロミやフットセラピーの資格を取得。 セラピストとしてサロンで働きながら、必要なときだけ福井に帰る生活を送っていた。同時に、心理分析やコミュニケーションの勉強をし、自分がなぜ逃げ出してしまったのかを考えた。その理由もわかったころ、仕事の拠点を東京から福井に戻した。
働く場所をつくるために スタジオを増やしていく
 インストラクター約40人と契約し、介護予防事業の受託、福井県内9クラブのスタジオレッスンの受託、トリートメントサロンの運営などを行ってきた漆崎さん。2 0 1 3年に、新たに自社スタジオ「トータルコンディショニングセンター」を立ち上げた。
「公共事業やクラブからの受託だと、 収入が限られてしまいます。お客さまからインストラクターにダイレクトにお金が入る仕組みをつくりたいと思い、自社でスタジオを運営することにしました」同スタジオでは、福井県で初めてTRXのグループレッスンを展開。「生涯体育」という漆崎さんが掲げている理念の通り、親子、キッズ、マタニティ、高齢者と対象となるお客さまは幅広い。もともと各インストラクターについているお客さまがいるため、オープン当初から大きな苦労はなく集客でき、オープン後もクチコミで増えている。
 同スタジオの特徴は、料金システムである。月謝制、フリー利用制、 回数券制のなかから自由に選択できるのである。また、インストラクターのフィーも、固定給か歩合給か選ぶことができる。
「お客さまの立場、インストラクターの立場になって、どうしたら一番よ いかを考えました。お客さまはどうしたら通いやすいのか、インストラ クターはどうしたら自立心、向上心 が芽生えるのかを考え、このような仕組みにしました。お客さまとイン ストラクターが満足してくれれば、結果的に売り上げも上がると思います」
 今後、さらにスタジオを増やしていきたいと漆崎さんは話す。
「男性や独身の女性は、フリーインストラクターとしてでは経済的に安心して働くことが難しいと思います。 スタジオを増やして運営を任せることで、一生働ける場所となるのではないでしょうか。そのような場所を増やしていきたいです」
漆崎さんは、インストラクターが安心して働ける場所、多くの人が生涯健康でいられるための身体づくりをする場所をつくり続けていく。
名前有限会社パワーリンク
所在地 〒910-0015 福井県福井市二の宮2-28-21 セントラルビレッジ402
Tel.0776-28-2250
ウェブサイト http://www.power-link.jp/
設立 2002年4月
組織 3人契約インストラクター約40人)
資本金 300万円
収支構造【【売上】スタジオレッスン、公共事業受託、スタジオ運営受託、
トリートメント など
     【経費】人件費、施設運営費 など

名前

トータルコンディショニングセンター
所在地:〒910-0015 福井県福井市二の宮2-28-21 セントラルビレッジ1F

Tel:0776-28-2250


名前