My Dream,My Business ~ビジネスで夢をかなえる~

本橋恵美さん
体幹のしなやかさが
女性らしい美しさを作る



01 女性もトレーニングに前向きに

「体幹トレーニング」という言葉が注目を浴びている。
そのトレーニングにいち早く着目し、広くトレーニングを提供してきている本橋恵美さん。プロ野球や陸上競技、ラグビー選手などのトップアスリートをはじめ、数々の著名人から支持を得ているが、近年はさらに活動の幅を広げている。

「私のところにいらっしゃるお客様は体幹を鍛えたいという方がほとんどです。その先にあるのは、ダイエットや痩せることではなく、趣味のゴルフやテニスのスキルアップ、声を出すお仕事の方にとっては発声力の向上などです。そういった明確な目的を持って来られると、私もお客様の身体作りの目標がはっきりするので指導内容も絞りやすくなります」

また、今まで運動をしてこなかった女性でさえも、トレーニングの目的を明確に持っいることが多いという。

「今の女性たちは、運動をされていなくてもたくさんの情報の中にいるので、知識を豊富に持っています。そのせいか、漠然と痩せるダイエットよりも、『体内温度を1度上げる“温活”をしましょう』といったアドバイスの方が響きますね。多くの女性が単なるダイエットは食事を制限するだけで、美や健康には運動が必要だと認識し始めているからでしょう」





02 緩める体幹トレーニング

体幹という言葉が広く浸透する中、その定義があいまいになってきているとも話す。

「最近、世の中に体幹トレーニングに2つの大きな誤解があることに気づきました。1つは、体幹部のトレーニングという誤解。もう1つは体幹を固めるという誤解です。私の指導している体幹トレーニングとは、全身を思い通りに動かせるように脳から出た指令を受けて手足の末端まできちんと筋肉を動かすことができることを指しています。連動性(協調性)とも言います。一般的には体幹部を強くする、固定するというイメージが伝わりがちですが、身体を固めるだけでなく緩めることもできること。両方がバランスよくできることが大事であり、そのコントロールができると、見えないところの筋肉が強くなってくるのです。その結果、それぞれの目的であるパフォーマンスが向上する。これが体幹トレーニングの最終的な目的であり、本質なのです」






03 女性の美しさは 心のしなやかさから

ただ、女性の美を引き出すうえで、ストレス対策はなかなか一筋縄ではいかないともいう。
「年とともに習慣をがらりと変えるのは難しくなっていきます。たとえば、お酒を止められないとか、甘いものはやめられないとか。私も、美味しいチョコレートはやめられません(笑)。とくにストレスを感じやすい女性にとっては、好きなモノまで取り上げると、かえってストレスになることもあります。ですから、何でも正論ばかりを言うのではなく、トレーナーである私にもそういう弱さがあるんですよ、とお伝えして、お客さま自身にも少し逃げ道を残すようにします」

本橋さん自身「今日はチョコレートを食べ過ぎちゃったから、夕食はお野菜をたくさん食べようと思っているんです」と満面の笑顔。毎朝6時には起き、約1時間は外をウォーキング。その他にも毎日ヨガのレッスンに通いながら、ストレスフリーなライフスタイルを送っているという。

女性の本当の美しさは、外見だけではなく中身が大事。そのためにいつも自分磨きをしている本橋さん。体幹のしなやかさは心のしなやかさがあってこそなのだ。









※この記事は、NEXT96号掲載分をWEB用に編集して掲載しております。
元記事:【NEXT96号 P24・25】

【Profile】

本橋恵美さん


体幹トレーニングを専門に、プロ野球・ラグビー日本代表・オリンピックメダリストなどトップアスリートへ指導。体幹を重視した「アスリートピラティス」「コアパワーヨガ」や、「Pillar(支柱) Yoga」「COREVITY」を構築・提唱する。また東洋医学を取り入れた静の運動療法「アロマフットセラピー」スペシャリスト。また医療法人・自治体向け健康セミナー、人材育成教育事業として養成コースを全国展開している。その他フィットネスクラブ・ヨガスタジオ顧問、化粧品メーカーの商品開発などプロデュースする。



更なるキャリアアップのお供に!
【注目の求人情報】へアクセス!