これからトレーナーを目指す方へ

NSCA
「脇役に徹することができる人達、ぜひこの業界に」
特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)は、米国コロラド州コロラドスプリングスに本部を持つNSCA(National Strength and Conditioning Association)の日本支部です。1991年に設立され、日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献するために活動しています。
NSCA JAPANホームページ http://www.nsca-japan.or.jp/

トレーナーへの道のり

◆トレーナーとは、どんな仕事をする人の事を言うのですか?
(トレーナーの定義が曖昧ですが、NSCAという立場でお答えすると)クライアントの傷害を予防し、パフォーマンス(健康)を維持・向上させるという目的のために、安全で効果的なストレングス&コンディショニングプログラムを計画し実施する知識と技能を有する人材を言います。
◆どのようにしたら、トレーナーになる事が出来ますか?
「適切な知識」を身につけるために、専門の教育機関で勉強をするか、資格を取得することが手段として挙げられます。また、「適切な技能」を身につけるためには、自身がトレーニングを実践し、自らが適切なトレーニング手順を師範できるようにすることが望ましいでしょう。
トレーナーになるための明確な規定はありませんが、クライアントの要望に適切な指導によって応えることができるようになるためには、それ相応の下積みが必要でしょう。
トレーナーの仕事とは

◆実際の活躍の場所を教えてください。
クライアント(チーム・個人)の要望に対して、適切なトレーニングプログラムを提供します。また、個々のトレーニング種目について、安全で効果的な行い方を指導・実演します。さらに、トレーニングルームのマネジメントも含めた管理者として仕事をすることもあります。
◆資格は必要ですか?
絶対に必要というものではありませんが、業界で認められた資格を取得していれば、基礎的な知識を有しているという証拠になります。
◆どんな資格があるのですか?
NSCAジャパンでは、【NSCA(National Strength and Conditioning Association)の資格】 NSCA-CPT、CSCSを資格認定しています。このほかにも運動指導という観点からは、【(財)健康体力づくり事業財団】 健康運動実践指導者、健康運動指導士などがありますが、この限りではありません。
◆失敗しない資格の選び方を教えてください。
業界で認知されており、資格取得後も継続教育を行っていることが望ましいでしょう。 希望する指導現場ですでに活躍されているトレーナーがどのような資格を有しているか調査するといいでしょう。
トレーナーの将来

◆どのようにして自分を売っていったら良いですか?
難しい質問です。自分を売る方法についての決まった答えは無いと思います。例えば、自分が持っている他の人にはない「いい個性」を磨くことでしょうか。ただし、現実的には自分を自分で売り込んでもなかなか評価されない場合も多いのではないでしょうか?だとすれば、他の人からの後押しが必要です。これには、信頼関係に結ばれた人脈を広げることが必要ですが、そう簡単にはいきません。謙虚さを失わず、地道に努力することが一番の近道ではないでしょうか?答えにならなくてすみません。