プロフェッショナルなトレーナーを目指す方へ

運動効果実感型カウンセリング
株式会社プロジェクト・オン
マネージャー
山本哲二さん

運動で自分が変わることを実感して貰う
運動効果実感型カウンセリング
基本的な考え方
フィットネスクラブに初めて入会される方、またはパーソナルトレーニ ングを初めて受ける方は様々な不安を抱いていると思うんです。特に普 段身体に痛みや不具合を感じている方であれば、なおさらです。運動っ て本当に効果出るんだろうかって半信半疑の方もいらっしゃいます。で すので、初回カウンセリングでは、まず不安を解消すること、そして、 身体を動かすことで自分が変われることを体感して貰うようにしていま す。私の場合は、座って話をするのは5分程度で、あとは身体を動かし ながらお話を聞いていくという方法をとっています。身体を動かしなが らのほうが、どこに痛みが出やすいのか、疲れが出やすいのか、といっ たことも思い出していただけやすいので、初めからより的確な対応がとれることにも繋がります。
名前
このカウンセリング技術のポイント

1.身体を動かしながら、ニーズを把握するとともに問題を発見する
座って話を聞くのは、カウンセ リングを受けるきっかけ程度です。 ご本人が実感している「改善した い」部分を把握して、あとは身体 を動かしながら根本的な問題を探 っていきます。「早速ですが、実際 に身体の動きを見ながら、もう少 しお話聞かせていただいていいで すか?」と言って、特に肩甲帯、 骨盤帯周辺の動きを優先して見て いきます。肩甲帯と骨盤周辺の動 きは身体の動きに大きく関与する ため、動きながら「あ、そういえば」 と、話が出てきやすく、ご本人が 感じている「改善したい」部分が より的確に把握できます。姿勢の チェックもしますが、「肩の高さが 左右で違いますね」「腰の高さが違 いますね」と言ってもピンとこな い人が多い。これは自覚と結びつ けられないからです。動作のほう が自覚を引き出しやすいんです。
2.わかりやすい動きで、運動効果をその場で体感して貰う
一般的にトレーニング効果というのは、1 日で出るものではありません。ですが、運動 やパーソナルを継続していただくには、何よ り効果があることを感じていただくことが重 要です。ですので、目的がシェイプアップや 筋力アップの場合でも、身体を動かすことで こんなに変われる、ということをまず実感し ていただくために調整系のエクササイズを入 れています。
 寝た状態で、身体をねじってみていただく と、右と左でやりずらいほうがある。ねじり の動作に左右差があると、身体の中心の動き なので、それが全ての動作に影響を及ぼすこ とを説明します。そのうえで、「改善してみま すね」といって、ストレッチやホリスティッ クの技術を使うと、その場で違いを感じてい ただくことができる。誰でも違いを感じやす い。そして改善したところで、日常の動作が、 これでどう改善されるのかに繋げて説明しま す。身体のねじりのチェックと改善は、多く の方に左右差が見られ、改善もしやすいので、 カウンセリングでの使用頻度は高いです。
3.痛みや不具合を感じている人のほうが、改善すれば継続の可能性は高い。不安を解消するとともに、続けることでもっと良い方法があることを伝え続ける
痛みを持っている方は運動に対する不安を持っ ている方も多いので、痛みを持っている方に対し ては、痛い動き、嫌な動きはしません。「動きが楽 になる」のを感じて貰い、不安を取り除くことを 最優先します。そして、これを続けて身体が変わ ってくると、もっと快適になりますよ、というこ とを『短期的な目標』『中・長期的な目標』として 具体的に示していきます。トレーニングだけでな く、生活スタイルの中でできることも提案し、「コ ンディショニング記録」に記入してお渡しします。 そのうえで、「これを続けていただいて少しでも良 くなれば、もっと良くなる方法がありますから、 月に1回は見せてくださいね」といった投げかけ をします。その後、パーソナルを利用されなくて もジムフロアでお会いしたときに「どうですか?」 と声をかけていれば、また何か必要性を感じた時 に思い出していただけます。痛みや不具合を感じ ている方のほうが、長く続けられる可能性は高い。 機能改善を目的の方は平均すると月2回くらいを コンスタントに続けていらっしゃる方が多いです。



株式会社プロジェクト・オン マネージャー  山本哲二さん Profile

クラブメンバーの平均年齢が40から50歳となり、スポーツクラブに機能 改善を求める人が増えている。また この層の方々はお金も時間も他の層 よりゆとりがあるため、クラブ通い を定着させたり、パーソナルトレー ニングの利用を促すにも有効なター ゲット層である。機能改善系のパー ソナル指導で定評のあるプロジェク ト・オンのマネジャーとして、指導 者育成に携わる傍ら、自身でも大手 フィットネスクラブでの指導にあた る山本哲二さん。
その山本さんのカウンセリング手法 は、身体を動かすことで自分が変わ ることを体感してもらことを重視す るもの。パーソナルトレーニングの 価値を感じていただいたり、トレー ニングに対する不安を取り除き、長 くトレーニングを続けていただくた めの方法である。