My Dream,My Business ~ビジネスで夢をかなえる~

桑江 良枝さん、周防 進さん
株式会社Be Active Japan代表取締役 桑江 良枝さん
株式会社WELLNESS ENTERTAINMENT代表取 周防 進さん
フィットネスを文化にして世の中を元気に

桑江 良枝さん Profile

1978年石垣島生まれ。明治大学在学中にティップネスに入会し、 エアロビクスの汗のかき方に衝撃を覚える。大学を休学してティ ップネスエアロビクスアカデミーに通い、研究科に進む。大学卒 業後はインストラクター業に没頭。2001年「ミス・フィットネス」 で優勝しフィットネスユニバース日本代表としてマイアミへ。そ の後アメリカ・カリフォルニア州UCLAへフィットネス・ダンス 留学し、帰国後はインストラクター業復帰。
スポーツクラブディレクター、イベント企画運営など多岐に渡っ て活躍し、2009年4月「Be Active Japan」を設立。

エンターテイメントとフィットネスの融合を目指す

周防 進さん Profile

1970年鳥取県生まれ。フィットネスクラブやダンススタジオにて指導歴14年のパーソナルトレーナー。映画「ピンポン」「ラストサムライ」ほか、TV、CM、ラジオに出演。また、サザンオールスターズのバックダンサーも務める、映像音楽作家として劇場版「ウルトラマンコスモスvsジャスティス」の作曲を手がけるなど、幅広い分野で活躍。2008年1月にエクササイズ推進型アーティストを生み出すためのプロデューサーユニット「SBA☆ CKY」をバッキーMショーマ氏と結成。

必然の出会いからイベント開催まで
桑江良枝さんは大学時代にエアロビクスに出合い、その魅力に惹き込まれて養成コースに通ったことから、フィットネスとの関わりが始まる。 大学卒業後はインストラクター業に没頭し、選手としては「ミス・フィットネス」の大会に出場。2001年には優勝して「フィットネスユニバース」日本代表となる。大会後、アメリカでのフィットネス・ダンス留学を経てインストラクター業に復帰。同時にプログラムの開発やイベントの企画などプロデューサー業も行ってきた。2年前、選手としての復帰を目指して、大会に出場するための本格的なトレーニングを再開。
しかしトレーニング中に足首を故障し、目指していた大会への出場を断念することになる。
「仕事とトレーニングの両立でオーバーワークだったんだと思うんです。それまでは選手として活躍して後世に受け継ぐということを考えていたけれど、21、22歳のころとは身体もちがう。舞台の上で輝き続けることは現実的ではないのだと気付いたんです。それで、選手ではなく、選手をバックアップする立場としてやっていこうと思いました」

ケガから立ち直り、新しいものを創っていくのもひとつの道だと頭が切り替わった矢先、フィットネスをエンターテイメントとして世に広めようと活動している周防進さんに出会った。今年の春先のことである。「フィットネスをもっと多くの人に伝えて業界を盛り上げたい、みんなが輝けるイベントを開催したい」という思いを打ち明けると、2人は意気投合。桑江さんの思いは「SHINY!~健康と美の祭典~」の企画へとまとまっていった。

一方、周防さんはパーソナルトレーナーとしての仕事に加え、ダンサー業、俳優業と幅広く活動。海外での仕事を通して、人々のフィットネスへの意識の高さを感じ、日本でもフィットネスを音楽とともに生活に取り入れることを追求してきた。その活動は、「音楽とフィットネスの融合」をテーマにしたアーティスト活動や、エクササイズ推進アーティスト「exーsize」をプロデュースするユニット「SBA☆CKY」としての活動など多岐に渡る。

桑江さんとの出会いは、ふたりが働いていたフィットネスクラブのイベント。桑江さんがプロデュースするコンテストやイベントの記事を見て、周防さんはずっと桑江さんをマークしていたのだという。
「フィットネス業界では異色ともいえるクラブイベントを行っているのを見て興味を持っていました。自分がずっと考えていたことに近いことを実現させていて、親近感を感じました」

一緒にフィットネスをエンターテイメントとして広めていけるかもしれないと、イベントで声をかけたことがきっかけとなった。
関係者以外も楽しめる場所づくり
ふたりが出会ったことで、わずか 半年あまりで「フィットネスとエンターテイメントの融合」が実現する。初の参加型イベント「SHINY!~健康と美の祭典~」は、一生懸命フィットネスをがんばっている人が目標にできる場を目指す。「プロ野球やJリーグのような、トレーニングの成果をアウトプットする場があったほうがモチベーションを維持できると思うんです。さらに個人をグランプリとして表彰するだけでなく、輩出したクラブやまわりの環境もクローズアップすることでみんなが輝ける場になる」と周防さんは語る。

また、このイベントでは「フィットネスにふだん関わっていない人も楽しめる場」の創出も目指す。そのために、さまざまな趣向が凝らされている。メインとなるコンテスト、周防さん監修のダンスショーに加えて、ファッションショーやメイクアップ、ネイル、美顔矯正の体験ブースも設けている。「これまでフィットネスを敬遠していた人にも、“おもしろい”“かっこいい”と思ってほしい」と、女性ファッション誌やスカイパーフェクTVを使って大々的にプロモーションを行うなど、若い女性の関心を惹きつけることに意欲的だ。
このイベントはタンニングスタジオ「SOLE」が行っている「savethe girl」運動の一環でもあり、女性の健康をフィットネスという観点から守っていこうという目的もある。

また、同時に「次世代のフィットネス指導者、イベンターの育成」も視野に入れている。「18歳、19歳のこれからフィットネス業界を担っていく世代に、フィットネスで一生食べていけると夢を持ってほしい」という思いから、いくつかの専門学校を通じて参加者とボランティアを募る など、夢を与えるための仕掛けづくりもしているという。

フィットネスのコアな関係者からこれまで敬遠していた人まで、「誰もがフィットネスを通して輝ける場所づくり」がふたりがもっとも重要視しているポイント。イベント名「SHINY!」にはそんな思いが込められている。
新しい文化となる可能性の確信
桑江さんは今年4月に自身の会社「Be Active Japan」を設立。日本発のプレコリオ「パフォーマンスX」の開発やイベントの企画・運営などからその一歩を踏み出した。最終的な目標は、「エンターテ イメントフィットネスを文化にすること」。「一過性の流行ではない幹となるものをつくって、現在はクラブASIAで行っているイベントを武道館の規模まで広げたい。そこまでできるものだと信じています」とフィットネスの可能性を確信している。

また、周防さんも「エンターテイメントフィットネス」の地位の確立を努めるべく、会社設立を予定している。
「音楽やエンターテイメントなど、フィットネス以外の業界とも手を繋ぎ合わせて、フィットネスがもっと生活に取り入れられるような活動をしていきたい」と今後のフィットネス文化の拡大を目指す。
「極端だけど、死ぬ前の日までトレーニングして、歌ったり踊ったり、楽しく過ごせたら最高じゃないですか。南の島って自由にしているから寿命も長い。都会にいながら心も身体も自由に動く。そういう場をつくれるのがフィットネスだと思うんです」

イベント「SHINY!~健康と美の祭典~」は、彼らの夢の実現への第一歩となる。
名前株式会社Be Active Japan
会社名の由来 世界中全ての人々に心も体も常に活動的に元気に生活をおくって欲しい故
所在地 江東区有明3-1-25有明フロンティアビルB棟9階
Tel.03-5530-8667
設立 2009年4月
資本金 100万円
組織 6名
収支構造(売上)イベント設営、教育関連、コンサルティング業務、商品企画など 
    (経費)設備費、人件費、広告費など

WELLNESS ENTERTAINMENT
会社名の由来 日本発の【健康(wellness)】を楽しむ文化を世界へ発信
所在地 東京都品川区戸越5-18-14
Tel.03-3785-9606
設立 2009年12月1日予定
資本金 700万円
組織 3名
収支構造(売上)フィットネス音源・映像制作、商品開発、コンサルティング業務、
      トレーナー派遣、振付、イベント総合プロデュースなど
    (経費)設備費、人件費、広告費など