My Dream,My Business ~ビジネスで夢をかなえる~

大工大育さん
TRX JAPAN株式会社 代表
TRXサスペンショントレーニングを活用し、多くの人を健康にする

大工大育さん Profile

1980年大阪府生まれ神奈川県育ち。小学校から柔道を始め、高校卒業まで続ける。米サンノゼ州立大学で運動生理学を学び、在学中からジムトレーナーとして働く。アメリカでいくつかのジムに勤務した後、MBAを取得。2011年に帰国と同時にTRX JAPAN代表として活動を開始。

可能性を広げるために渡米を決意
「ファンクショナルトレーニング」の代名詞ともいえるほど、世界的に広まっているTRXサスペンショントレーニング。2011年に日本に上陸し、瞬く間に広がりを見せている。これを日本で提供するTRXJAPANの代表を務めるのが、大工大育さんだ。 代表を務めることになった経緯について、「運が良かった。TRXとの出合いは偶然です」と話す。アメリカのフィットネスクラブで働くなかでの縁が、その偶然をもたらした。
高校まで柔道に打ち込んでいた大工さんが、フィットネスへの道を志したのは、高校3年生のときに怪我をしてリハビリに通ったことがきっかけだった。柔道の推薦による進学もできたが、「自分の将来の可能性を広げたい」と渡米することを決めた。
「遠征でアメリカに行ったときにすごく居心地がよく、憧れを抱いていました。また、柔道で進学した場合、その先にあるものが限られてしまうと感じていました。もっと視野を広げ、自分の可能性を広げるためにどうしようか考え、アメリカでトレーニングについて学ぶことに決めました」 とはいえ、それまで柔道一筋だった大工さんは英語が得意ではなかった。卒業後すぐに渡米するが、語学力が足りずに試験をパスできなかった。その後、必死で猛勉強し、翌年9月にサンゼノ州立大学に入学することができた。
ジムで働きながらスキルを高める
大学では運動生理学を専攻。同時に、実践的な知識を深めるために学内のジムでトレーナーのアルバイトもした。在学中にマネジャーに昇格し、トレーニング知識とともにマネジメント知識も身に付けていった。
大学4年生になると、病院に隣接するジムでインターンをし、リハビリを終えた人へのトレーニングを提供した。渡米時には、大学卒業後もアメリカで就職することは考えていなかったが、学内のジムで働いていたときの上司が誘ってくれたことで、とんとん拍子に話が進み、そのジムで働くことに決めた。この上司こそが、後に大工さんにTRXとの出合いを与えてくれた人物である。
「アメリカの大学に進んだ時点で、将来はフィットネスに関わる事業で独立したいという思いがありました。
リハビリ施設で働くことを選んだのは、アスリートや運動愛好者よりも高齢者や疾患を治したい人のほうが多いと考えたからです。将来進む道を考えたときに、多くの可能性をもっていたいと考えました」
ここで、トレーナーとして着実にスキルを身に付けていった。
突然のリストラTRXとの出合い
その後、スキルアップを目指して総合病院に併設されたリハビリ施設に転職。ここで約2年間働くが、2008年のリーマンショックによって部門ごと廃止となり、退職を余儀なくされた。
「それまで順風満帆に進んできたので、リストラにあい『人生何が起こるかわからない』と考えさせられました。どんな仕事にも就けるようにと、MBAを取得することにしました。いま考えれば、この経験によって広い視野をもつことができるようになったと感じています。でも当時はそのようには考えられませんでした。これからどうしようかと不安でしたね」
仕事を失った大工さんは、トレーニングスキルだけではなく、マネジメントスキルや経営の知識の必要性を痛感し、大学院に進んだ。そして2010年に大学院でMBAを取得し、ビザの期限も切れたことから帰国を決めた。このとき、いくつかの業種の法人企業の就職試験を受けるなかで、自分の本当にやりたいことが明確になった。
「フィットネス以外の企業であっても、面談で話しているうちに“人々を健康にしたい”という方向に自然 と進んでいってしまうのです。そして、本当に自分がやりたいのはフィットネスに関わる仕事だと改めて気づきました」
仕事が決まらないまま帰国の準備を進め、以前の上司に帰国の挨拶に行った。大工さんがTRXに出合ったのはこのときだ。TRXはすでにアメリカでは半数以上のフィットネスクラブで使われ、世界中に広がり始めていた。これを、ちょうど日本にも広めようとしていたのだ。TRXにとって大工さんはこの役目を果たす適任者であり、大工さんにとっても魅力的な話だった。
「実際にTRXサスペンショントレーニングをしてみて、すばらしいツールだと感じました。つくられた経緯や使い方の指導なども信頼できるものだったので、日本法人の代表としてこれを広めていこうと決めました。本当に運がよかったのだと思います」
TRXを広めるために多くの人と出会う
帰国後、講習会を開き、各フィットネスクラブのトレーナーやインストラクターを無料で招待した。まずはTRXのことを知ってもらうことが先決だと考えたためである。人との出会いが次の新しい出会いを呼び、みるみるうちにTRXサスペンショントレーニングの認知度は上がっていった。
「一度体験してもらえれば、必ず良さが伝わると信じていましたから、体験会を無料で行うことに躊躇はありませんでした。実際に、共感してくれる方も多く、仲間が増えていくのが嬉しかったですね」
こうして、着実に支持者を広げてゆき、今ではトレーナーの数は2,000人以上になっている。トレーナーや導入施設が増えていくことも、ビジネスを行っていくうえで大切なことだが、それ以上に嬉しいのが「TRXサスペンショントレーニングのよさを理解してくれたとき」だと言う。
「TRXを体験せずに講習に来た方のなかには、『本当にこのツールはよいものなのか?』と疑問をもった表情をしている方もいます。でも、講習が終わるころには皆納得した表情に変わっているのです。それを見ると嬉しいですし、『よいものを広めている』という自信になります」 今後は自衛隊や公共施設、学校などにもアプローチしていきたいと考えている。また、来年からはウェブを充実させ、トレーナーがより講習を受けやすい環境をつくっていく。
それは、TRXサスペンショントレーニングのよさを一般のお客さまに理解していただくことにつながる。
自身の将来について「いずれはオーナー社長になり、フィットネスや健康の分野で独立したい」と話す大工さん。まずはTRXの事業を確立すべく、日々の仕事に全力で取り組んでいる。
名前株式会社TRX JAPAN
会社名の由来 本社より
所在地 東京都港区南青山3-3-16
Tel.03-6868-7568
ウェブサイト http://ja.trxtraining.com
設立 2011年8月
資本金 1,000万円
組織 社員3 名
収支構造【売上】物販、講習会、研修
    【経費】人件費、家賃
名前Japan TRX
名前多くの一流トレーナーやプロアスリートに支持されている、持ち運び可能なトップクラスの全身トレーニングシステム。どこでも、筋力、体力、可動性を鍛えることができます。